大阪物療大学には、万全のサポート体制が整っています。

数学、物理、化学、生物などが不得意な方でも、国家試験に合格できるようサポート致します!

せっかく大学にご入学されても、診療放射線技師の国家試験に合格できなければ意味がありません。
4年後には全員が国家試験に合格できるよう、本学では教職員が一丸となって、きめ細かく学生をサポートしています。

具体的なサポート内容は、下記の通りです。

サポート1. 入学前教育の実施

数学、物理、化学、生物について、ご入学いただく前に演習問題を2回に分けて送付します。期日までに返却された解答を添削し、一人ひとりの苦手分野を事前に確認して入学時点での学力向上に役立てます。

サポート2. ゼミナールⅠa

本学が目的とする医療人(診療放射線技師)としての基礎的な医学・医療について理解し知識を習得する、専門分野に関する最も基礎的な科目です。早期の病院・介護施設見学を通して、医療の現場を体感するとともに、医療と福祉の連携に目を向けることができます。また、学内にある放射線機器実習施設の見学や、感染予防の基本である衛生的手洗いの実践などを行います。

サポート3. 少人数担任制

1年次生は学生10人前後に1人の担任が担当し、学生と教員の距離が近く感じられるアットホームな環境が大きな特徴です。教員は個別相談を密に実施し、学生とコミュニケーションを図っています。

授業を欠席すると、担任教員から本人へ連絡するなど、4年後の国家試験合格へ向けて、きめ細かいサポートを徹底しています。

サポート4. 理系科目を基礎から学べる

大阪物療大学では、定員80名を3つのクラスに分け、数学や物理学を基礎から学ぶことができるカリキュラムが組まれています。高校生で履修する基礎の範囲から学ぶことができ、少人数クラスであることから、わからないところはすぐに先生に聞きに行くことができます。

サポート5. オフィスアワー

学生と教員が密にコミュニケーションを図るためオフィスアワーを設けています。1日に2~3名の教員が待機し、講義の内容の疑問点から学生生活の上での不安や悩みに至るまであらゆる相談に応じます。

また、各教員のオフィスアワーは掲示板等に貼り出し、学生が時間と場所を確認して直接訪問できるようになっています。

学生募集要項をご希望の方は、下記「資料請求ボタン」より資料請求フォームに必要事項をご入力の上、ご請求ください。

願書・資料請求