2016年度卒業生 岡本 知香 さん

大阪物療大学を知ったきっかけ、入学した理由は?

これからは資格を持っている方が就職に有利と考え、診療放射線技師を目指しました。学費のことも考え、家から通える範囲内の大学を探したところ、大阪物療大学を見つけました。駅からのアクセスも良く、また少人数担任制で丁寧に教わることができるというホームページの内容に惹かれ入学したいと思いました。

主な仕事内容と仕事をするうえで大切にしていることは?

一般撮影、ポータブル、透視検査、マンモグラフィ、CT検査、MRI検査、アンギオ検査を日替わりで担当しています。検査前はいつも早め準備し感染対策を万全にして、安全で安心な検査を心がけています。患者様に対しては、検査を始める前は不機嫌でも、帰りの際に「ありがとう」と言ってもらえるよう丁寧に接することを大切にしています。

今後、医療人としてどのように働いていきたいと思いますか?

日々進歩する医療を学び、患者様により負担のない検査をできるようにしていきたいです。特に一般撮影では、本に載っている撮影方法がすべてではないので、その場に合わせて応用できる柔軟な診療放射線技師として働いていきたいです。

大阪物療大学はどのような大学でしたか?

大阪物療大学は先生のサポートが充実した大学です。特に就職活動の時には先生が面接の練習もしてくださり有難かったです。国家試験に向けて点数が伸びず、不安に感じたとき気にかけてくださったことがとても助けになりました。