卒業生・学外の方へ

開館時間

開館日 開館時間
火・水 8:45~18:00
月・木・金 8:45~17:00

※学校行事などのため、臨時休館や開館時間を変更する場合があります。開館日・開館時間を図書館カレンダーや図書ニュース欄でご確認の上、ご来館ください。

休館日

土曜日、日曜日、祝日(授業日を除く)
夏季休業期間、年末年始
館内整理日、蔵書点検期間
本学入試日 その他臨時に指定した期間

大阪物療大学図書館利用証

図書館を利用(入退館、図書の貸出)する際には、必ず「大阪物療大学図書館利用証」が必要です。
※学外者図書館利用規則 の 2 を参照

「大阪物療大学図書館利用証」登録に必要なもの
一般 1)住所確認できるもの
  (運転免許証、健康保険証、住民票等)
2)学外者図書館利用発行申込書
3)大阪物療大学図書館利用証
  ※更新手続き時のみ必要
卒業生 1)住所確認できるもの
  (運転免許証、健康保険証、住民票等)
2)卒業・修了が確認できるもの
  (卒業証明書、卒業証書、学位記等)
3) 学外者図書館利用発行申込書
4)大阪物療大学図書館利用証
  ※更新手続き時のみ必要

入退館

「大阪物療大学図書館利用証」が必要です。
館内へはスリッパに履き替えて入館してください。
荷物やコート類はロッカーに入れてください。
館内での飲食、記録機器の使用はお控えください。

閲覧

1号館図書館の資料(図書・雑誌・新聞等)は、自由に閲覧できます。
視聴覚資料(ビデオテープ・DVD)のご閲覧は、カウンターまでお申し出ください。

貸出

資料と「大阪物療大学図書館利用証」を持って、カウンターで貸出手続きをしてください。

つぎの資料は貸出ができませんので、館内でご利用ください。
禁帯出資料、参考図書、雑誌、新聞、視聴覚資料

貸出冊数と期間

利用区分 貸出期間 貸出冊数
一般 2週間 2冊
卒業生 3週間

返却

貸出手続きをした本は、貸出期間内にカウンターまで返却をしてください。
「大阪物療大学図書館利用証」は必要ありません。
返却期限を過ぎた場合は、延滞資料を返却されるまで、新たな貸出はできません。

更新

予約がなければ貸出期間の延長ができます。
貸出期間内に、現物と「大阪物療大学図書館利用証」をカウンターへお持ちください。

レファレンスサービス

文献の探し方などの相談や資料や事項に関する調査などを行っております。
お気軽にご相談下さい。

その他

・本学図書館に所蔵されているかどうかは、図書館のPCからOPAC(本学所蔵データベース)にて検索でき
  ます。
・館内の資料は、教育・研究のために限り、著作権法の範囲内で複写することができます。
  カウンターまでお申し出ください。(モノクロ:1枚:30円 ・ カラー:1枚:70円)
・図書館利用証を紛失された場合は、必ず図書館までご連絡ください。
  また、再発行のための費用(500円)を負担していただくことになります。
  管理には十分お気をつけください。
・氏名、連絡先等の変更が生じた場合は、必ず図書館までご連絡ください。

学外者図書館利用規則

 1 学外の方も本学図書館を利用することができる。
 2 入館に際して当館職員の指示に従い、「学外者図書館利用発行申込書」に所定の事項を記入し、
提出すること。
次回からの入館時には、「大阪物療大学図書館利用証」を提示すれば良いこととする。
 3 館内においては大阪物療大学図書館利用規則に従う。
 4 閲覧、複写は行うが、レファレンスサービスは可能な範囲で行い、相互利用サービスは行わない。
 5 資料の複写・印刷は有料とする。
(モノクロ:1枚30円, カラー:1枚70円)
 6 書物を破損・紛失させた場合は時価で弁償すること。
 7 規則を遵守されない場合は今後の利用をお断りする。
 8 氏名・連絡先等の変更が生じた場合は速やかに届け出なければならない。
 9 利用者は「大阪物療大学図書館利用証」を他人に譲渡し、又は貸与してはならない。
10 利用証の紛失が生じた場合は速やかに届け出なければならない。
11 利用証の紛失の届出を怠ったことにより事故が生じたときは、当該図書館利用者の名義人が、
その責任を負うものとする。