豊かな設備環境

多彩な最新装置・機器や豊富な実験・実習を通して、
卒業後の医療現場で役立つ実践力を身につけます。

マルチスライスX線CT装置

マルチスライス(64列)X線CT装置

マルチスライス(64列)X線CT装置

X線を360度全方向から照射。通過したX量の差をデータとして集め、コンピュータで処理し、物体の断面画像を得る装置です。

デジタルX線TV装置

一般的にはバリウム検査としてよく知られています。造影剤を用いて食道、胃、十二指腸、小腸、大腸をX線透視装置で撮影する装置です。

MRI装置

磁気と電磁波を利用して、人体各部の断面を撮影する装置です。放射線を使わず、身体のほとんどの部位を撮影できます。脳梗塞や脳出血も発見可能です。

デジタル一般X線撮影装置

X線を照射して撮影を行う装置です。おもに肺や骨の病気を調べます。肺の写真には心臓も一緒に写るため、心臓病に関する情報も得られます。

アナログX線TV装置

乳房X線撮影装置(マンモグラフィ)

乳房を圧迫し、腫瘍や石灰化の有無をX線撮影で調べる装置です。乳がんの早期発見のために、有効な画像診断のひとつです。

超音波画像診断装置

人間の耳には聞こえない高い周波数の音(超音波)を臓器や血管、甲状腺などの体内に送り、その反射波(エコー)を画像にして診断を行う装置です。

眼底撮影装置