診療放射線技術学科 1年次生 羽紫 奈津子さん

診療放射線技師を目指したきっかけは?

高校2年生のとき、医療系の職種を調べている際、診療放射線技師を知りました。医療機関に勤めている知り合いの話を聞いて、他の職種も考えましたが、親しい人ががんになったこともあり、診断と治療の両面から支える診療放射線技師になりたいと思いました。

■羽紫 奈津子さん
■診療放射線学科1年次生
■広島県 ■広島県立府中高等学校出身

大阪物療大学を選んだ理由を教えてください。

物理を履修していなくても基礎から学べるカリキュラムなので、大阪物療大学を選びました。高校の科目選択の後に診療放射線技師になりたいと思ったので、一度は診療放射線技師を諦めましたが、大阪物療大学の存在を知り、もう一度目指し始めました。

大学生活はどうですか?

一学年80名ほどで少ないので、みんな仲良く楽しいです。部活に所属していると、優しい先輩方と会話ができるのも楽しみの一つです。私はフットサル部のマネージャーをしていますよ。

楽しい授業はありますか?

スペイン語の授業が楽しいです。グローバル化に伴ってスペイン語以外に英語、中国語が選択できましたが、私はスペイン語を選びました。ゲームなどを交えながらスペイン語に触れられるので、すごく楽しいです。

一人暮らしはどうですか?

地元に帰るのが少し億劫になりますが、帰ればたくさん地元の友達と会えますし、こちらでは一人暮らしの友達同士で食材を持ち寄って一緒に料理をしたり、自分の時間をゆっくり持てたり、すごく充実しています。勉強も自分のペースで頑張っています。