診療放射線技術学科 1年次生 山内 裕登くん

診療放射線技師を目指したきっかけは?

父が診療放射線技師なので、幼いころから存在を身近に感じていました。また、進路の話になった際、医療系分野に進学するのであればと診療放射線技師への道をアドバイスしてくれたのも父でした。就職率や収入を考えても良い職業だと思っています。

■山内 裕登くん
■診療放射線学科1年次生
■大阪府 ■大阪市立高等学校出身

大阪物療大学を選んだ理由を教えてください。

アクセス面が良いと思いました。バスの乗り継ぎも必要ないですし、駅から歩いてこられるところが魅力ですね。また、オープンキャンパスに参加して、ここなら楽しい大学生活を送れそうだなとも感じました。

大学生活はどうですか?

勉強だけではなく、部活動や自治会の活動もあり、楽しく忙しい日々を送っています!

自治会での活動をどう感じていますか?

スポーツフェスティバルなどの大きな行事の前はとても忙しく、壁に行き当たることもあります。しかし、その行事が成功したときの達成感はすごいです。元々は大学生活を楽しみたい、勉強の息抜きができればと始めた自治会ですが、協調性やコミュニケーション力をつけることができるので就職活動の際にもそれが役立つのではないかと思いますね。

勉強への取り組み方を教えてください。

その日の復習を空いた時間に行うなど、「診療放射線技師になるためにはこれだけの勉強をしなくてはならない」という意識を持って毎日勉強に取り組んでいます。理系出身ですが、苦手な分野もあります。難しい問題に直面したときは、先生に教えてもらうのも一つの手段ですが、友達同士で質問し合うのも自分の力になると思っています。