診療放射線技術学科 2年次生 阿瀨なつみさん

診療放射線技師を目指したきっかけは?

中学3年生のときに怪我をしてCTを撮ってもらったことがきっかけで診療放射線技師を知りました。収入も安定しているし、診療放射線技師という仕事に興味を持ったので、私もなりたいと思いました。

■阿瀨 なつみさん
■診療放射線技術学科2年次生
■和歌山県 ■開智高等学校出身

なぜ大阪物療大学を選びましたか?

高校の担任の先生に勧められたこともありますが、大阪物療大学は歴史が長いし、単科大学なので、同じ目標を持つ、同じ夢を目指す仲間と学べると感じたからです。

難しいと感じる講義はありますか?

難しくも、面白くもある『基礎解剖学』です。この授業では人体の形態や構造などを機能学の面から学ぶのですが、専門用語も多くて内容が難しい分、理解できたら達成感があるため、私にとって面白い講義でもあります。

高校時代と勉強に対する姿勢は変わりましたか?

変わりました。高校までは必ずしも自分の学んでいることが将来に直結するわけではないけれど、大阪物療大学では今勉強していることは確実に将来につながることだから、より一生懸命やろうという姿勢になりました。

大阪物療大学に入学してよかったと思うことは何ですか?

同じ志を持つ人たちと学べるから、モチベーションが上がるので勉強も続けられます。勉強を続けることは簡単ではないけれど、診療放射線技師になるという目標を持って、みんなで刺激し合って頑張ることができるので、そこがよかったと思います。

物理や化学が苦手な高校生への応援メッセージ

大阪物療大学では物理や化学などの理系科目を基礎から学ぶことができますので、今、高校で学べることを着実に自分なりに勉強していれば大丈夫だと思います。