教授 山口 功

山口功

氏名 山口 功(やまぐち いさお)
職位 教授
学位 博士(保健学)
担当科目 基礎放射線技術学、診療画像機器学Ⅰ、診療画像機器学Ⅱ、
診療画像検査学Ⅰ、医療安全管理学、画像検査技術学Ⅰ(MR検査)、
画像解剖学Ⅱ(画像診断)、医療リスクマネージメント論、放射線診断学
専門分野 放射線技術学
資格 診療放射線技師、肺がんCT検診認定技師
学会 日本放射線技術学会、日本CT検診学会、日本磁気共鳴医学会、
医用画像情報学会、日本診療放射線技師会、日本CT技術学会、
日本放射線技師教育学会

主要著書

1) MRの実践.(編著者)金森勇雄,藤野明俊,丹羽政美,井戸靖司,畑佐和昭,安田鋭介,幅浩嗣,小野木満照,渡部洋一,宮地利明,山口 功,医療科学社,2011.

2) CT撮影技術学 改訂2版.(編集)山口 功,市川勝弘,辻岡勝美,宮下宗治,オーム社,2011

3) 低線量肺がんCT検診の知識と実務.(編集)山口 功,村松禎久,花井耕造,長尾啓一,オーム社,2010

主要論文

1) Optimizing scan timing of hepatic arterial phase by physiologic pharmacokinetic analysis in bolus-tracking technique by multi-detector row computed tomography.Isao Yamaguchi, Eiji Kidoya,Masayuki Suzuki,Hirohiko Kimura,Radiological Physics and Technology,査読有,Vol.4 No.1,43–52,2011

2) Evaluation of required saline volume in dynamic contrast-enhanced computed tomography using saline flush technique.Isao Yamaguchi, Eiji Kidoya, Masayuki Suzuki, Hirohiko Kimura,Computerized Medical Imaging and Graphics,査読有,Vol.33 No.1,23–28,2009

3) Operation of bolus tracking system for prediction of aortic peak enhancement at multi-detector row computed tomography: pharmacokinetic analysis and clinical study.Isao Yamaguchi, Hiroyuki Hayashi,Masayuki Suzuki,Katsuhiro Ichikawa,Eiji Kidoya,Hirohiko Kimura,Radiation Medicine,査読有,Vol.26 No.5,278-86,2008

社会貢献

NPO法人肺がんCT検診認定機構 認定技師部門運営委員,NPO日本X線CT専門技師認定機構 委員