北米放射線学会(RSNA 2018)に、本学教員 今井 信也講師が参加しました。

北米放射線学会(RSNA 2018)に、本学教員 今井 信也講師が参加しました。

     

     

(画像クリックで拡大)


2018年11月25日(日)~30日(金)、アメリカ・シカゴにおいて、第104回北米放射線学会(RSNA 2018)が開催され、本学から今井 信也講師が参加しました。

RSNAは放射線医学関連の学会では最大規模と言われており、国内未発表のAIを用いたCT、MRIの画像解析技術など、最先端の研究・技術を見学することが出来ます。

今井講師は、Physicsのブースにおいて電子ポスター発表を行いました。

         

(画像クリックで拡大)

【ポスター発表】
今井 信也 講師 : 「Occupational eye lens dose in endoscopic retrograde cholangiopancreatography using a dedicated eye lens dosimeter:A phantom study」