2015年度卒業生 國富 大賀 さん

大阪物療大学を知ったきっかけ、入学した理由は?

進路に悩んでいたところ、親の勧めがあり診療放射線技師を志しました。大阪物療大学を調べていると先生と生徒の距離が近くアットホームな大学と分かり、勉強がしやすい雰囲気だと感じたため大阪物療大学に決めました。

主な仕事内容と仕事をするうえで大切にしていることは?

現在は一般撮影、CT、心臓カテーテルなど各モダリティを1日交代で回っています。仕事をする上で大事なことはやはりコミュニケーションです。その部分を怠ると検査もスムーズに行えませんし、何よりも患者様が何の検査をしていて、何のために検査が行われているのか分からず不安に思います。医師・看護師とも普段からコミュニケーションをとり、雰囲気の良い環境作りに気を使っています。

今後、医療人としてどのように働いていきたいと思いますか?

医療の現場では患者様には優しく接すること。また、どんな職場でも人間関係が大切なので、やはり、コミュニケーションは大切にしていきたいです。仕事をする上で大切なのはお金でも楽な環境でもありません。人間関係がすべてだと思います。医療人として患者様に信頼される診療放射線技師になりたいと思います。

大阪物療大学はどのような大学でしたか?

最初にも言いましたが、大阪物療大学はアットホームですごく勉強がしやすい環境です。こんな環境の良い大学は滅多にないでしょうし、先生や同級生と積極的にコミュニケーションをとることができたおかげで勉強がスムーズに身につきました。